HITEQJASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤は付いていません。 激情版TSUMIBAKO ©武蔵野積みプラネーション

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

少しだけ手を動かす・・・・

最近思ったんですが私はドリフターズだと高木ブーが好きなんじゃないかということです。
VOWの変読も「たかもくぶいち」がお気に入りですし(一番好きなのは前田美波里のビバ前貼り)
好きなドリフのコントは高木ブーのスナイパーだったりしますし・・・
あれは射的屋のいかりや長介が演じるババアの打ち方も好きなのですが
高木ブーはセリフが殆どないのに表情と雰囲気だけで笑えるんだから凄いです。
でもこれってもしかしたら自分がおっさんになった今だからこそ魅力がわかってきたのかなぁとも思います。

さてさて、今週からシフト勤務在宅勤務をしたわけなんですが・・・・
とりあえず今日の分は終わらせたのでせっかく部屋が片付いてるので息抜きモデリングを開始しました。
手持ちの開封済み部品多しのプリペイントのハチロクがあったのでちょっとリム増ししてみることに。
ちょっとやってみたいことの先行実験を兼ねています♪
(クリアパーツなし細かいパーツなしなのでジャンクかき集めて一台分を組み立てられるようにしました。)

リム増し

なんとなく指先の感覚が戻ってきました。プラモ作りを忘れてはいなかったようです(´・ω・`)
完成するか解りませんがこの感じ、やっぱり楽しいですね。趣味ブログですからこういう時こそがんばります。
スポンサーサイト



| 未分類 | 19:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

間が空きましたがちょっとずつ再開。

どうも(^ω^)
色々と重なって更新に間が空いてしまいました・・・・・
ご心配いただいた皆様本当に申し訳ありませんでしたm(_ _)m
個人的にはもう少し落ち着いてからとは思っていたのですが
このまま消えてもアレなので少しずつ再開したいと思います。

さてさて・・・・の記事にしたいネタはこんな感じでございます。

※JPNタクシー制作記
※TLVNのシビックとパジェロ
※モデルカーシリーズのセルボ/アルトとかアリストのレビュー
※君はこれを知っているか?新ネタ
※中古プラモネタ3件
※なぜかとあるアニメ(漫画)に異常にハマった今年の夏
※そういえばマジメに写真撮っていなかった完成品
※3年ほど寝かした未公開プラモ読み物1件

・・・・でも、下の3つは私的にはボツかな(笑)

なのでちょっとずつやっていきましょう。まずはアオシマのJPNタクシーネタですね!
JPNタクシーはカウルトップとワイパー本体の色味を変えてみましたがあまり変わらない(笑)

JPNタクシー

手抜き麗心愚ですが架空の内装色「翡翠」をイメージ。

JPNタクシー アオシマ

まぁ実際問題翡翠って緑なんですけど
純正の琥珀に対しての翡翠という二足歩行のツチノコ的な無理やりこじつけ。
ビックリしたのが適当に色塗ってデカール貼るだけでこういう感じになるんですよ。これは凄い!
こういうところは新しめの設計のキットって良いですねぇ(^ω^)

マスキングシートの相性もいいですね。ちょっとカメラ(センサー)部は修正しましたがいい感じです。

モデルカー JPNタクシー

直後エアブラシ(ベーコン)が今年に入って3回目のブロー。
とりあえず吹けるのですが今回はもうガンの方の塗料の量を調整をするトリガー周辺が割れて
完全に壊れて指技で調整しなくてはいけないのでやりづらいですし
もともとノズルを固定する部分がもう欠けていて割れるのでグリグリと回るし
コンプレッサー内部のピンが抜けて片持ちになって止まってしまうコンプレッサーと共に買い替えを検討中です。
もう9年も使ったので元は取ったかなぁと(笑)

とりあえずここまで・・・・・

| 未分類 | 22:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お詫び。

どうも(´・ω・`)

ご覧の皆様すみません!ちょっとバタバタしておりまして
コメント返信等滞っておりまして申し訳ありませんm(__)m
近日中に復活いたします・・・・・・・

TLVN プレーリー 日産サービス

しばしお待ち下さいませ・・・・・

| 未分類 | 23:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リンク追加のお知らせ!学生モデラーの奮闘記さま。

SNS全盛のこの時代ではありますが我が拙ブログに久しぶりにリンクのお誘いをいただきました!

いつもコメントをくださる「しんさん」が運営されていらっしゃる

学生モデラーの奮闘記

・・・・・でございます!

現在ブログという形態はある意味では岐路に立たされてるとは思いますが
ヤングモデラーさんが新たに始めようという心意気が嬉しいですね!
皆様もぜひご覧くださいね!白のBRZは私も作りたいリストに入っているので完成が楽しみです!

| 未分類 | 19:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リンク先追加のお知らせ。R-WORKS様。

今日から仕事始めの方も多い今日このごろですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

リンク先追加のお知らせです♪
度々コメントを頂いておりましためぐさん様が運営されていらっしゃる

R-WORKS でございます!
http://megusan1997.blogspot.jp/

JDMやスタンス系のノリの今時っぽさも醸し出しながら、由緒正しい走り系スタイルも感じさせる作風は
車がお好きな方ならではの味を感じさせてカッコいいです♪
完成品の撮影の仕方も実車の集まりの時にさり気なく撮ったような雰囲気が実に良い感じです(`・ω・´)
個人的にはあのキットがここまで・・・・と感じさせる白のEKシビックがお気に入りです!!

ブログのスタイル等もSNSと連動させていて必見です!
みなさまも是非遊びに行ってみてくださいね♪
(※めぐさん様。ご紹介が遅れてしまい大変失礼いたしました・・・・)

| 未分類 | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相互リンク先追加のお知らせ。甲子園製作所日記さま。

季節もすっかり秋めいてきておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
嬉しいことに相互リンクのお誘いを頂きました!

宮っ子様が運営されていらっしゃる、「甲子園製作所日記」でございます♪
http://hantora1ban.seesaa.net/

模型製作にはブランク期間があると仰りながらも
それを感じさせない丁寧な作業でアオシマのZN6トヨタ86は細かい部分も仕上げられており
今から完成が楽しみな1台でございます(`・ω・´)

皆様も是非遊びに行って見てくださいね!

| 未分類 | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

調和しながら幸せづくり研究所なホンダホンダホンダホンダ・・・・

桜も散り始めて徐々に本格的に春の訪れを感じますねぇ・・・・

そんな春先ですが、うちの兄がいきなりZ32の2by2のTバールーフで現れたと思ったら
Tバールーフが開くことを知らず「へ?これ外れるの!?嘘だー(´・ω・)」って割と本気で言われた時は
なんとも言えない生暖かい空気と衝撃が走った今日此の頃でございます。

IMG_1228.jpg

「サンシェードが外れるのは気づいた」は本年の流行語大賞候補でございます。
※まぁ実際は兄の友人のマシンで諸事情で兄がしばらく乗ることになったのは内緒です。

さて、ホビーショー解禁アイテムが続々と発表されはじめる時期ですねぇ。
早くもアオシマの新製品は予約決定!的なアイテムが多いこと多いこと・・・・・
財布の中身が速くもマッハで無くなりそうで怖いです。


話は変わってジャンク好きの皆さん、おまんたせいたしました!

先日、所謂お宝系古本リサイクル系ショップにて前から探していたブツを発見!
国産名車コレクションの初代アコードサルーンだったのですが
塗装全体にブリスターが発生しているもまぁ画像を撮る前は未開封だったし
何より安物買いの銭失いな私にはピッタリの妥当な値段だったのでフラフラとレジに・・・・

国産名車 アコード

まぁリペイントでもすればおk。そういうふうに考えていた時期が俺にもありました。

≫ Read More

| 未分類 | 22:53 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桃さん・・・・・(´;ω;`)(加筆致しました)

芸能界の訃報が続く中、我らが菅原文太先生まで旅立ってしまいました・・・・・

私の中ではやはりトラック野郎に尽きます。
しかし、リアルタイム世代ではない私は朝日ソーラーのCMが
私の記憶ににある中での一番古いお姿だった様な気がします。
近年は軽トラ野郎としてキャリィのCMに出られた時は驚きと嬉しさが込み上げてきましたし。

私の頭の中身の30%は確実にトラック野郎の世界観が影響してると思います。
ですので、役者としての菅原文太=桃さんな訳です。

IMG_9673.jpg

ニラレバ炒めをライス大盛りで頼む時は気分は桃さん。
ハンドルを握る時は気持ち斜めに座り前をじっと見据えてる時、気分は一番星号を運転してる時の桃さん。
あまりにも私の人生形成に多大なる影響を残してくれた映画と出会ってから25年以上経ち
私も桃さんのような男(漢)になろうと思っては来たものの
桃さんと同じ所は独り者という所だけになってしまいました・・・・
気持ちも小さくて、男の約束も果たせない事も多い「イボ痔のダッチョ!」と、桃さんに怒られそうな
つまらない人間になってしまったような気がしておりますが改めてもう一度全作見なおしてみようと思います。
そうすればきっと自分自身の答えが出るような気もしますので・・・・

少しショックなのは本音ですが、桃さんと共に一番星号は私の中で永遠に走り続けるので決して寂しくはありません。
映像ソフトも多いこの時代では見たい時にいつだって桃さんに会えるのですから・・・・

今ではトラック野郎に影響受けた方が手がけた素晴らしいプラモデルもありますし。
ファンとしてはこれほどまでに嬉しい事はないわけです。

桃さん・・・・

私も全て網羅してわけでは無いですし、ファンとしての視点だけですが
それでもトラック野郎という映画の世界観に多大な居る影響受けた自分の率直な思いは
今一度多くの人にこの映画に触れて欲しいと思ってます。
この映画の本質、今の日本が置き忘れてきた何かが垣間見えると思います。

トラック野郎シリーズを支えた鈴木則文監督もお亡くなりになり
爆走トラッカー軍団のジョニー大倉氏も亡くなってしまいました・・・・
個人的にはドルフィンの竜一丸(英丸)が小学生時代のキングオブドルフィンでしたし
小学生時代は爆走トラッカー軍団は雑誌等でもロケのレポートが載っていたりと
リアルタイムで触れたトラック映画だけに寂しい気持ちがします。

2014年・・・・残り僅かですが寂しいことが多いです。

| 未分類 | 00:27 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ430セドリックセダン個人タクシー製作記その6。ボディ磨き失敗編。

あいも変わらず牛歩状態&不義理な運営ですみません・・・・
やはりプラモってのは定期的に作らないと腕が落ちるもんですねぇ。
おまけに風邪を引いちゃって参っちゃいました。

製作記の前にちょっと気づいたことを。
アオシマの430セダンのスタンダード内装の後ろのドアの部分に
リンク式の自動ドアのアームのモールドが左右にあるのですが
タクシーのキットを眺めていたらモールドが修正されていることに気づきました(`・ω・´)

アオシマ 430スタンダード 内張りの違い

というのも自動ドアは基本的に助手席側のみなんで本来は右側にあるのはエラーとなるのですが
削ってしまえば問題無いモールドなんで(と、言うかスルー出来るレベルですし)
手持ちのパトカーのキットではモールがすでに修正されていましたので
もしかしたら二回目生産分のウインドウに熱線が追加された時点か、パトカーあたりの
リアバンパーの分割部が修正された辺りに掛けて修正されたと思われます。
サンバーの修正やこの430の修正など一回作って終わり!では無く進化させてくれるのは嬉しいですねぇ。
勿論初版からこの状態であれば良いのですがそうは行かない事情もありえるでしょうからね・・・
某F社さんのローレルとかジャパンとかブタ目とか今からでも遅くはないキットはあると思います(´・ω・`)


さて、今回はボディ磨きと行きましょう!
実はいきなりアクシデント報告です。磨き傷が全く消えません(笑)

原因を追求します。いや、それほどで勿体付けるほどのものではないんですが(´・ω・`)

乾燥は二週間ほど取ったのでOK!磨き方もOK!ボディを洗ってから磨いたのでホコリ等もありません。
一つだけ気になったのが磨きクロスです。これは休止中に箱に入れておいたのですが
パッケージも破れていたりしてもしかしたらここにゴミ等が付いていたのかも!と言う事で
新しくタミヤのコンパウンド用クロスを買ってきまして磨いたら・・・・・

アオシマ 430スタンダード タクシー

やった!磨き傷が出ません(笑)
やはり放置中に前のクロスがいつの間にかゴミやホコリが付着してたんですね。
実は前にも磨き傷が消えないということがあってその時もクレオスのクロスにしたら一発で消えたことがあありまして
やはりこういうものっていうのはきちんと保管しておかなきゃですねぇ。
ちなみに今回より使用中のクロスはジップロックに入れておくことにしました。
(今までは使う分だけ切ってパッケージに戻していたのですが)

そこで調子に乗ってキュキュっと磨いていると東個協ラインの上に曇り発生・・・・・・

アオシマ 430 タクシー

まぁ待て。ここは数日置いておいてから磨くと曇りが消えるというのをどっかで見たぞ。
というわけで、数日放置してから磨いたんですが、あまり変わらず(笑)・・・というか範囲が広がってますwwww

( ゚д゚)ハッ!
これはもしやクリアを突き破ってデカールまで到達してる可能性も。
思ったより荒目でガシガシやったやったし、今回中研ぎ時にあまり段差消しを熱心にやらなかったしなぁ・・・・
(1号車の失敗であまりデカールに負荷を掛けたくなかったということもありまして。)

てな訳で、結局もう一度クリアを吹くことにしました。
今回、何を思ったのかボディもある程度てかテカテカになっていたので
全体をメラミンスポンジで軽く磨いてから洗浄してクリアを吹いたのですが・・・・・

アオシマ 430

(#^ω^)ピキピキ

もうやけくそで全体を2000番のペーパーで磨いていつものようにクリアをたっぷり吹いてリカバリ完了!
今度はブツ噛みも無し。大成功です。

アオシマ 430スタンダード タクシー


ですが結局1号車と同じくらいボディがポテっとしたような気がしないわけでもないですが
まだ二号車の方が少しだけパリっとしてるかな?磨いてどうにかしてみましょう。


なんかボディばっかでアレなんでちょっとだけその他の作業を。

なんとなくリアのトレッドが広い気がしたのでホイールを加工して気持ち奥に入れました。
と、いうのもキットのままOKな感じなんですが、スタンダード車のような営業車の場合
フロントに対してリアの方が若干内に入ってる方がそれっぽいような気がしまして。

まず、かなり大きめに彫刻されてるホイールの耳を削りました。

アオシマ 430 スタンダード

これで若干タイヤの刺さりを奥にできることで少しだけトレッドを狭めることに成功しました♪
ですが、こういうタイヤはサイドウォールがホイールより膨らんでるのが特徴ですので
奥に入れすぎても雰囲気が出ないのが悩ましいですね(´・ω・`)

んで、更にポリキャップを入るだけ入れて、出来た段差を削り込みます。

アオシマ 430 スタンダード

肝心の変更前変更後の画像がありませんが
ほんの僅かではありますが、若干リアホイールのトレッドが狭くなって営業車っぽい雰囲気が出ました♪
逆に言うとフロントのトレッドは差し込みを調整してわずかに出そうかと思ってます。
先走って色が入ってますが塗装も質感がうまく出なかったのでこの辺りも一度やり直す予定です(´・ω・`)
ですがこのキットは、フェンダー周りのボディとシャーシの隙間が大きいので
向こう側が見えてしまうので少々悩ましい所です。マッドガードでも付けようかしら。


OMAKE。
何でもローマ字に置き換える昭和のキャッチコピー風にスタートです。
アオシマのTE37RTをリペイント&デカール貼りしてクリアを塗ってみました。

個体の関係かややセンター部の塗装に透けがあったので
ハーマンレッドに軽く黒を垂らしたオリジナリティRT(REDにTYOTTOだけBLACKの略です)で塗りました。

アオシマ TE37 RT

リムのデカールは当初難儀すると思われましたが思った以上に簡単に貼れました。
綺麗に貼ろうとせず一箇所を載せて少しづつ円周上に広げていく方式で作業しました。
乾燥後に軽くマークセッター塗ってクリアコートすればニス部もそんなに目立ちません。

ナットは無難にシルバーに。本当はネオクローム風塗装とか出来ればいいんですけど上手く出来ませんでした(笑)

| 未分類 | 00:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ430セドリックセダン個人タクシー製作記その5。リテイク版塗装&デカール&近況。

涼しくなったと思ったら日中は汗ばむ事もありますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
いつも同じような言葉ですみませんが、皆様の所へもご無沙汰ばかりで申し訳ありません・・・・
なんだか私生活がバタバタしていてなにかと疲れが溜まっております・・・・
健康診断も無事に引っかかっておめでたい今日此頃です(笑)
もうアレな状態で模型はあまり手が動かなかったのですが、週末にチョコチョコ弄ってます。

時期的にはホビーショー関連のアイテムが目白押しですねぇ・・・・
もう皆さんご存知でしょうがフジミの窓枠マスキング付き再販や(MID4二種類とかムーブとか)
現行クラウンアスリートや70カローラパトや430セドセダンの西部警察仕様などもはや安定のアオシマに
ハセガワからまさかのサニトラ!!!!しかもオマケに8スポークホイールが付いてたり車高選択式とは!
チビりそうになりましたが地味に欲しかった人が多かったであろうこのキット
最終角目が好きな私は、バリ展で出るのではないかと期待しておりますがとても気になってます!
あのショートホイールベースのトイラジの悪夢をコレで振り切れそうです(笑)
ただ、衝撃の事実も判明して、どうやらアオシマさんも企画していたということなんですが
今回はバッティングしてしまうそうで企画としてはお蔵入りのようですね・・・本当に残念です(´・ω・`)
あのサンバーのタイヤはそういう事だったのか・・・・
アオシマ版も見たかったのが正直な点でバッティングをしても良かったと思いますが
ココらへんはメーカーさんの考えというものありますからね・・・・・
そして、まだ公式には未発表のようですがアオシマ&BEEMAXブランドから
なにやらグランドシビック?っぽいキットが出そうな気配で
そちらが気になってしょうがないですがまずはご無沙汰の製作記を・・・・・


さて、例のリテイク430セダン個人タクシーを進めましょう。

まず白サフまで終わったのでサクッと塗装します。
今回は前回の「気持ちまでスペシャリ(ル)ティホワイト」が一台分は塗れないと判断して
若干同レシピで追加しましたがクールホワイトを若干足して色味を少し白よりに作りました。
ですが、ほとんど色味の違いは無く、直近で見ると同じ色なんですが
遠目に見ると若干白味が強いマジカルなカラーとなってます(笑)

無事に塗装完了。今回せっかくなんで三回塗りとしてモールドが薄くならないように仕上げました。
最後のコートのみ間を開けず二回塗ったんですが二度目のコートは平らな面だけシンナー多めで塗りました。
ミストのざらつきの押さえと平滑な面が出るようにということだったんですが効果は未知数です(笑)
あれ?・・・・ってことは4回か?相変わらず計算ができないんですねー(;^ω^)

そこでデカールと行きたいところだったんですが、恐ろしいことに気づきました。
リテイクボディの方はどうもボンネットのチリが一定じゃないんですね。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

削り過ぎてました(´・ω:;.:...

てな訳で1号機のボンネットを合わすと・・・・・いい感じ!

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

さて、1号機から流用して横取りを四拾萬!!と、山城新伍がチョメチョメな感じで
行きたかったんですが、再調合した塗料の兼ね合いで色が合ってないです・・・・(笑)
(見ていただくと微妙にボンネット側が濃いですよね)
なんで、1号機のボンネットをペイントリムーバーで剥がして再塗装です(´・ω・`)
ちなみに塗り重ねが効いたんで全然落ちませんでした。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

てなわけでボンネットは無事に再塗装完了。色味も合いました!これでデカール貼りの準備が出来ました。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

今回はボディがやたらシャープなのは気のせいでしょうか(;^ω^)
うーん・・・・予想では今頃完成していたんですが・・・・どんだけ遠回りしてるねん!と言う感じです。


そこで勢いに乗せてデカール貼りと行きたいことにします。
まず、今回は乾燥時間を前回以上にとったこと。これに尽きます。
最終ホワイトより一週間ほど開けてデカール貼りとなりました。(これが8月の中頃です)
今回は塗装面が平滑であったことや鏡面に近い状態だったのでそのままマークセッターを用い貼りました。

前回登場した、例によっての左右文字入れ替えです。
上が荒れてますが写り方の関係ですのでご安心を。ちなみに前回書きませんでしたが
あえてラインはニス部を残すことでデカール縁の角出しの危機を避けてます。
ぎりぎりで切ってしまうと段差消しの際に角が薄くなってしまう可能性があるのでニス部で保護してます。
段差消し→コンパウンド磨きしてしまえば全く見えなくなりますからOKです(^ω^)

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

今回は合計3台買ったのでなんとか足りましたが、結果的には保管用としてたキットが無くなったんで
後でデカールのパーツ請求をさせていただこうかと。まぁキット買ったほうが早・・・ゲフンゲフンwwww

今回はそつなく貼りこみ完了です。
ルーフラインを前回をやや中央寄りにしたような記憶がありますがあまり違わないかも。かもーん。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

今回は前回の反省を活かし、切り込まれていて足りない部分を軽くタッチアップしました。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

この辺りはパーツが組み込まれますのであまり熱心に塗ってません。
しつこいようですが、デカールの寸法が足りないというわけでは無く、あくまで自己満です。
後はテールランプ周辺も少し塗ってます。

後はクリアコートですね~!こちらも前回と全く同じです(笑)
ただ、今回はインターバルはかなり長めにしました。あまり開け過ぎ手ても塗料が溶け合わないので
私の場合は砂吹き→数時間後に薄く一層。翌日に普通に一層吹いてから
デカールの痛みがないのを確認して数回に分けて二時間ほど開けてから二回ほどたっぷり吹きます。
翌日に塗装が乾いてるの確認してから1500番のペーパーで空研ぎして柚子肌を取ります。

IMG_9124.jpg

ここでアクシデンツ発生(´・ω・`)

フロントフェンダーの窪みに合わせて一本うっすら割れが発生。
殆ど目立たないのですが、気になったので調色して面相筆でさっとタッチアップしました。
あと、トランク部に付いた大きめのブツがなかなか取れず困りました。
こちらはデザインナイフの先っちょでくりっとほじってタッチアップしてからペーパーで磨いておきました。

その後はたっぷりクリアを吹き付けて終了なんですが・・・・タッチアップしたとこに窪みが発生(笑)
ですのでクリアをもっこり塗って、コンパウンドがけの前に軽く磨いてみることにしましょう。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

うまくいくかなー(;^ω^)

そしてショックなのが前回のようにデカールの左右向き貼り直しをした所がデカールのロットの関係か
色の違いが結構出てしまってはたして磨いてどう出るでしょうか・・・・・
実は右前のドアノブ下もデカールでリタッチしたのですが色が・・・・・(笑)
一号車は全くと言っていいほど目立たなかったのですが。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

今は段差が出てるので磨いて平らになったらどう見えますかねぇ~(´・ω・`)
多分目立つなw

ここまでが今月頭くらいまでの話で、あまり模型に触れなかったのですが
ちょっと上のトランク周りをコンパウンドで磨いてみたんですが荒目で磨きすぎたのかちょっと嫌な感触。
クリア層の段差っぽい感じの曇りが出てきたので怖いのでもう一回磨き直してクリア塗っときました(笑)

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

これは吹き付け直後なんで垂れてるように見えますね(笑)
まぁ乾燥後の現在も若干ポテっとしてますが(;^ω^)

さて、これ以外はあまり進んでおりませんが気長にお待ちくださいませm(__)m
余談ですがまだちょっと本業がバタバタしてますのでコメント返信等遅れてしまうかもしれません・・・本当にすみません。


おまけ↓ 

新旧別売りホイール対決!?

≫ Read More

| 未分類 | 22:55 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT