HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

≫ EDIT

お盆ツアラー隊ハプニングだらけの巻。

どうも(´・ω・`)
毎日暑いですねぇ・・・・・・
プラモデルの方もアオシマのリニューアル再販物が結構アツいのがでるのでお金ためておかないと・・・・
ウイングスウエストのアコードワゴンも当時一回作って数年前にやっと見つけたんですけど無事に再販で良かった(笑)
ゼロクラも久しぶりのノーマル再販で一時のプレ値も落ち着きそうですね。
気になってるのはハセガワのフェアレディZのMr.Kバージョン!
いつかタミヤのビッグスケールで作りたいネタだったのでこれで夢が叶います(笑)

さてさて、お盆休みは制強有給を取得して長く休めたので普段行けない母方の家のお墓に行きました。
母親の家の方の墓は集落の山の一区画がお墓になっているので山登り感覚で行くのですが・・・・
山の中なのでたどり着くまではなかなか大変です。
私も子供の頃に埋葬に立ち会ったことがあるのですが土葬だったのが印象的でしたねぇ・・・・

墓参り

そして毎年お盆恒例の伯母さんの家に行きながらのツアラーに行ったのですが
今回はアクシデント続きでして・・・・・それはお店が休みだったとかではなく・・・・・
一泊して次の日の朝、伯母さんの家のわんこと戯れていたら「グシャッ」という音がしたので
てっきり近所の人が農作業でもしていたのかと思ったら・・・・・・
伯母さんが軽トラで私の愛車のケツにアタックするというアクシデント発生(笑)
これはいくつもの偶然が重なった結果であったので私も気にせずネタになるなぁ・・・なんて思ってたんですけど
当初はバンパーが外れて傷が付いただけと思っていたのですけど
冷静に見るとなんかトランクの閉まりが悪くなってチリがずれてるような気がしてしょうがないんですけど
こないだのワゴンRのキットの時にネタにさせて貰った代としてしょうがないかなぁ・・・・と思ってたら・・・・・

≫ Read More

スポンサーサイト



| 車プラモネタつぶやき | 14:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あ~ファミリアだぁ~新発売~

どうも(^ω^)
書きたいネタはたくさんあるのが急遽予定が前倒しになってしまい
今から出なくてはいけなくなってしまったので簡易レビューで対応させていただきたい。

今回のご紹介させていただくのはアオシマのモデルカーシリーズの新作。
NCP160Mマツダ・ファミリアバンである。


アオシマ ファミリアバン NCP160M

OEM車・・・それは甘美かつ中毒性もありつつ政治的意図も絡む諸刃の剣・・・・・
小学生の時にジェミネットを見た時に「これはカルタスじゃないのか?」と疑心暗鬼になり
自動車ガイドブックでジェミネットⅡを見て「これは写真が間違っているんじゃないのか?」と不安になり
ページを読み進めて行ってスバルビッグホーンで完全昇天・・・・・・
その後OEM車両の存在を知りそれは間違いではないことに気づいたものの
自動車会社が他社の製品を名前を変えて売るということがあるのも解ったし
あたり前に自社開発車が多かった当時だから異質に感じたせいか
その頃はOEM車になんとも言えない魅力を感じたものだが
昨今の自動車業界のOEM車両の増殖は自動車業界の今後を考えさせられる状況である。

そんなこんなで昨今は当たり前になってしまったOEM車であるが
日本車のプラモデルとしてみるとOEM車は実に少数派で
フジミのAZワゴンやフレアクロスオーバーにアオシマのスズキキャラくらいだろうか?
確かに模型としてみると少し買い手を選ぶというのが本当のところであろう。
もちろん私がどちらかは語るまでも無いと思う。

キットそのものはプロボックス&サクシードと同じ物で
皆様ご存知の通りなのであえて触れないが、今回は主にデカールの変更がメインである。

アオシマ ファミリアバン NCP160M

ちなみにこのキットはアオシマさんも流石に売りにくいと思ったのか
メタルシールを付けて特別感を出し、商品力を高くしたのではないかと思う。
私的にはこのメタルシールだけでも買いなのではと思うところではあるのだが・・・・
デカールもお膝元の広島ナンバーでファンの心をがっちり掴んでると思う。
あえてケチを付けさせていただくとすればボンネットのエンブレムの台座部分もともとこのキットにはないので
マツダのカモメエンブレムと台座の形状がややあっていないのが外観のキモなので
こだわる方はそこらへんを再現してみるとのもとても楽しいのでなはいかなと思う。

世代的に純マツダ製ファミリアバンをリアルに見ていた自分からすると
日産のADバンからのOEMになった時も驚いたが
今回のモデルからトヨタ製になった事へのやや複雑な思いもあるのだが
これも時代の流れだと思うし、しょうがない流れだとも思う。
特に商用車の世界は使い倒される道具でもあるし仕事道具とするなら
種類を増やす必要もあまりないのであろう。
自動車メーカーの提携やOEMなどは前からあることなのだが
プラモデルとして見るとファミリアバンはややマニアックな商品だと感じるので
このキットは買い手を選ぶかもしれない(笑)

煽るわけではないがSP品番でもあるし
気になった方は早めに入手される事をオススメしたい・・・・・・
私的に20年後激アツになるキットになるように思う。

気になった方も
小池さんの奥さんも99万8千円を持って模型店にGO!!!

負けずに僕も3240円で得意げに笑った〜

| 車プラモレビュー | 17:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

世の中そうなら、プラモはこうです。突然ザ☆モデルカーのエスティマ。

今回の記事タイトルは悩んだ末にベタな感じになってしまった。
というのもエスティマの代名詞である天才タマゴと言うコピーはブログタイトルとしては最適だったが
モデルライフ途中でのニックネームであるという認識があるため
今回のアオシマのモデルカーシリーズのキットは最前期型としてなので登場なのでどうしようか迷ってしまった。
4代目のコロナの後期型はブラボーコロナであるが前期型はシルエット70というコピーが付いていたのだが
しかし4代目コロナ自体がブラボーコロナという通り名で通るときもあるので悩ましい。
私個人は間違えてなければその方の呼び方それぞれで良いのではないかなと思うのだが・・・・

アオシマ TCR エスティマ モデルカー ノーマル

初代エスティマが出た時の衝撃は鮮明に覚えている。
幕張メッセで行われた東京モーターショーで見たときはまだコンセプトカーだと思っていたからだ。
一言でいうと新鮮だった。コロナを乗り継ぎ、パジェロに熱を上げていたワンボックス嫌いのうちの父が
カタログを貰ってきたくらいだったといえば私の身内だけなら衝撃が伝わるであろう。
初代セルシオの衝撃に隠れているが私としては平成初期のトヨタ車を代表する車種ということに間違いないと思う。
アメリカのミニバンを意識していたというのは今の目で見ればよく解るのだけど新鮮に見えたものだ。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 23:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新企画・「君もこれを知っているか?№1」※ちょっと文章追加。

※アオシマのTCRエスティマがまだ入荷してないそうなのでその分で文章を追記しました。

最近プラモネタ少ないよね?
そもそもそもプラモブログだよね?
作らないやつがレビューしてるの?
そんなに作らないプラモ積んで楽しいの?
なんだかんだで結局ミニカーに逃げてるよね?
ツアラーとかカッコいいこと言ってるけど行ってるの?
長文とか顔文字とか昔の自分語りがキモいんですけど?

・・・・・とお思いの皆様。ご機嫌いかがですか?半年で15キロほど痩せたHITEQです(´・ω・`)
政治に芸能に事件など正直色々なことがありましたがこのブログではあえて四の五の言いませんが
私は大判焼き(回転焼・御座候・おやき)はあんこよりクリーム派ですとだけお伝えしておきます。
最近ブログの枕がなくて寂しいとか色々と言われたのでちょっと企画含めて模索中です。
まぁSNS全盛でなんとなく意識が高い人がかっこいいと言われる時代に
キモヲタはキモヲタらしく地味に地下に潜って自己主張をしたいと思います。
別にいじけてるわけじゃなくちゃんと仕事はして趣味は自分らしく生きるのが一番ですので・・・・・

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、タイトルに書いた「君はこれを知っているか?」ですが
皆さんご存知?の往年のクルマ雑誌の企画を丸パクリした新企画です。
元ネタはカーマガジンの「君は知っているか」はマイナー車や当時あまり注目を浴びていなかった年代の
マニアックな車両が取り上げられ後日「ジャパニーズヒストリック」という別冊になりました。
ノリでいうと某鉄道雑誌の「トワイライトゾ~ン」的な感じなマニアックさという感じだと思います。
最近では某高速有鉛紙にて「君も知っているよね?」でオマージュされておりましたが
私も小学生の時に本家の「君は知っているか」でNJ号を知り興奮したりしたことを思い出してしまいましたが
(その後の別冊でもう一台のNJが出て来た時はビックリ!)
この企画はカーモデルの中で出たマイナーなキットや限定キットなどを特集していきたいと思います。
出来れば月に一度はこの企画をやっていきたいと思ってはいるのですが・・・・
もちろん本家のように時にはマイナーなキットだけではなくメジャー寄りキットの派生ネタも出ると思いますが
レアで入手に苦労したものや、あの頃はあんなにお店で見たのに・・・・というようなキットも特集したいと思います。
そういう意味では先日ののりピーシビックもそのカテゴリに入れてしまいたかったのですがね(笑)

その記念すべき第一弾は先日某漫画系総合中古販売サイトで見つけたこの一台。
前から探していたので思わず二度見してしまいましたが速攻でクリック。手元に来てくれました。
多分気になる人は気になるけど気にならない人は全くスルーな商品かもしれません(´・ω・`)

90年代後半のある意味フジミがフジミらしかった時代感が半端ないフジミインチアップシリーズID-SPの
スズキワゴンR・RR5ドア100万台記念限定車です。

フジミ ワゴンR 100万台記念限定車

この当時のフジミに良くある箱替え的バリ展といえばそうなんですけど
スズキスポーツ仕様の白成形ボディと標準のRRとちょうど間のような構成。
多分これまた気になる人は気になるけど気にならない人は全く気にならない内容です。
ちなみに私は興奮が止まりませんが・・・・・・・

≫ Read More

| 君もこれを知っているか? | 21:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三吋の魔境へ・・・・・

どうも(´・ω・`)

私も前から存在は気になっていたのですけど、あえて手を出していないメーカーが何社かあるのですけど
戒律を破ってとうとうその沼に一歩足を突っ込んでしまいました・・・・・・
その一つがINNO Models(イノモデル)の1/64です。
というのも前から模型店で見て気になっていたのですけどあまりの雰囲気の良さに
「これまで手を出したら破産するぞ~」と勝手に思っていたり
SNSをはじめ、通販サイトなどネット上の評判をあえて見て見ぬふりをしていて
模型店で売れ切れるのを待っていたのですけどたまたま白のEGフェリオが店に入った時に
「そういえばHITEQさんはこちらのシリーズはお取り置き大丈夫なんでしたっけ?」と言われてしまい・・・・・
「これ、今だったら余分にありますのでお売り出来ますよ~」と見せられたが最後。
ちょろい私は「フヒヒ・・・・じゃあ1個ください・・・・」とフラフラとレジに・・・・・(´・ω・`)

イノモデル シビック フェリオ

見れば見るほど特定の車好きのツボを抑えてるんですよ・・・・それでいて良い意味でも海外モノ特有の匂いも感じる。
透明度も高くてこのまま飾れるケースにそこそこ出来の良いミニカー本体。
それでいておまけのホイールセットや日本メーカーではギリギリ出せないような攻めたデカール類。
何より台座だって凝ってるし箱だってセンスがいい・・・・・まぁこのあたりから徐々に増えていってしまい・・・・

INNO Models イノモデル シビック

探しているカラーが近隣のお店にあるのを知ってしまい・・・・・
今から行こうか迷ってますけど短期間にたくさん買ってしまうというのもなぁ・・・・・
でも無くなっちゃうとなぁ・・・・・・(´・ω・`)

まさにイノモデル沼に足を突っ込んでしまったような・・・・

そして、完成するかはわかりませんが・・・・・

ハセガワ EP71 スターレット

独特の部分はありますが組みやすそうで良いキットだと思います♪
とりあえずお手つきキットを片付けたい所です(´・ω・`)
さっき棚卸ししたらお手つきだけでも30個位あったんですけど・・・・・

| ミニカー | 22:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自動車模型界隈雑記その2。前から欲しかったのだけど・・・・ちと追記。

いきなりなんですけど・・・・・・・

マンモスうれピーでいただきマンモス

ハセガワ のりピーシビック 

「この野郎とうとうイカれたんじぇねえか?」と思われたかもしれませんが探していたキットが手に入りました。
マニアの皆様ならご存知ハセガワの迷作?のりピーシビックです♪
ご存知のかたも多かったと思いますが箱が二種類ありこちらは比較的見たことのある方のバージョンです。
アクトハセガワ版のピンク基調で酒井法子の写真がもっと大きく載っているバージョンも有るようですが
どちらかというと今回ご紹介させていただくこちらのキットの方を見かけた印象です。
まぁこのキットが出たときはその後の事など思いもしませんでしたがそんなこんなで再販は出来なそうですねぇ。
ただ、キットとしてはハセガワのレース系シビックがほぼ踏襲されていて
エンケイのホイールくらいが珍しいってなもんで(RAZOシビックと同形状)
サードパーティからホイール含めてアフターパーツが出ていたのでそこまでレアという感じではないと思います。
ホイール自体もリムが浅くあまり似てないので正直今の目で見たらリム増しは必須でしょう。

まぁこのキットも当時は結構売れ残っ・・・・・ゲフンゲフンwwwww

≫ Read More

| このブログについて | 13:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自動車模型界隈雑記その1

くまぶろぐ終了・・・・・
今まで本当にありがとうございましたm(_ _)m


率直な意見なのですけどやはりブログと言う情報発信手段の一つの区切りなのかと思います。
これからもフェイスブックやツイッターで発信出来ますし公式HPがありますから
メーカーさんとしての公式な情報は追えますので安心しているのですがやはり寂しいですね。
くまぶろぐ自体も物議を醸したりいろいろな意見が出たこともありますけど
私はなにより黒幕氏のブログはいつも更新が楽しみでしたし
メーカの中の人が情報を発信してくれていたことはとても良かったです。
なによりメーカーの中の方の事情や苦労話が私にはとても新鮮で参考になりました。
もちろんそういう情報は見たくないという人も中にはいらっしゃると思いますが
私もこういう形でレビュー記事を書いてる手前、少しでも送る出してくれてる方の気持ちが解っていたほうが良かったし
正直我々が気になってる考証やキット構成も送り手の事情が解れば内容の納得も出来た気がします。
だからこそ苦労の末の製品化と聞けばキットを見た時に見方や気持ちも変わるという事もありました。
黒幕氏をはじめ、中の人が見える担当商品だから複数購入をしてしまった製品もあったりするのは内緒ですし(笑)
それではレビュアーとしては中立ではないかもしれませんが、私はあくまで車好きがベースの模型趣味ですので
そういう視点で見ると車好きの方が企画をしていないと出来ないことにニヤッとしてしまう事もありましたので。
寂しいと言えば寂しいですけどこれも新たなスタートと思えば寂しくありません。
それはこれからの製品をを見れば解るということもありますものね。

てなわけで今更ながらアオシマさんのER34の前期に(;´Д`)ハアハア

アオシマ ER34 前期

率直にカッコいい(´;ω;`)ブワッ
※ちなみにレビューはかなり薄めです(笑)

≫ Read More

| 車プラモネタつぶやき | 12:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トイズキャビンのサニトラガチャを回す木曜日※ちょっと文追記

すみません!あの辺りのキットも手元に来てるのですが取り急ぎこちらを・・・・・・

トイズキャビンのサニトラのガチャガチャです!

トイズキャビン サニトラ

率直に言うとスケールモデルとしてすごい勢いで成立してると思います♪
ガチャガチャ系特有のチープさもあるもののこれで400円はかなりアツい!!
・・・・というか割と採算が取れてるのか不安になります(笑)

≫ Read More

| ミニカー | 19:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アオシマのマジェスタのブラッシュアップに感動。

EP71のキットレビューが「キモイ」という褒め言葉をリアルに頂いたので今回はあっさり寄りで・・・・

そう言えばアオシマさんからギャルソンのジェレイドアコードワゴンが久しぶりの復活(´;ω;`)ブワッ
数年前割とプレ値で買ったので今回組めるものが出るのが嬉しいですね♪
旧今井のレックスとミラもリニューアル再販されるようなのでこれまた嬉しい(`・ω・´)
そして何より14系アリストもリニューアル再販が決定!
3.0Vと3.0Qが作り分けられるという内容に感動ですね~!
後述する14系マジェスタのキットもアオシマの中でのバリ展が出来るのに
長らくスルーされていたので嬉しいリニューアルですねぇ・・・・・・

誤植

某通販サイトさんの誤植が地味にツボったのは内緒(笑) これはこれでほちぃ・・・・


さて、今日ご紹介するのはアオシマさんのモデルカーシリーズでリニューアルされたばかりの
UZS141クラウンマジェスタCタイプ!
車検の引き取りかなんかで親戚のおじさんにMS137クラウンに乗せてもらって
連れて行ってもらったトヨタ店でショールームで見せてもらった時の感動を思い出します・・・・・・
まさしくこの前期のV8のCタイプ・・・・セルシオとは違う豪華さとスタイリッシュさに感動した覚えがあります。

アオシマ モデルカー マジェスタ

早速中を見てみましょう!

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 22:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハセガワのイダテンは辛口か甘口か!?(間違いを修正)

とうとうこの時がやってきました(´;ω;`)ブワッ
カッとびが丘を越えて、天下無敵のイダテンが
しゅワッち!と電光石火の大魔神のように辛口にプラモ化!!

おじちゃんも思わず涙腺崩壊・・・・・・小学生の頃からの夢がアラフォーになって実現・・・・
ハセガワのEP71スターレットターボS後期型が発売になりました!

ハセガワ EP71 スターレット ターボS イダテン かっとび

ううっハセガさん(´;ω;`)ありがとう・・・・ありがとう・・・・・
スターレットと言う存在は小さいながら大きいのにプラモデルにはあまり恵まれていなかったので
プラモデルで出るということの素晴らしさ・・・・これはもはや事件です(笑)

私のスターレットの原体験は親戚の家で乗っていたきみろり(黄緑)色のKP61の4ドアのSEのAT。
(この車は私と同い年の親戚を保育園に送る関係で私の母親がよく乗っていた。)
兄の友人のY先生の乗っていた京○道で体感だと500キロ位出ているんじゃないかと錯覚した初期型EP82GT 。
(あのパヤパヤな初期型の一房食べた状態のみかんの輪切りブーストメーターがカッコよかった・・・・)
地元の友人が乗っていた内装フルストリップ&ロールバー張り巡らし&5Eヘッドで外装ソレイユ仕様の中期EP82。
(上記の兄の友人と違うタイプの速さでドライバーも車も速かった・・・・・)
私がクルマいじりの師匠から受け継いで乗っていたEP91グランツァV。
(エピソード多数なのでEP91のプラモが出たら書きますw)
他にも高校の先輩が乗っていたり、近所の人が乗っていたり友人の友人が乗っていたりと
だれか身近な人が絶対乗っていた車。それが「スターレット」という車だったと思います。
生産終了の際にジェイズティーポ紙の「スターレットよ永遠に・・・」特集の見開きに書かれていた
「お前は小さいながらも輝いていた」
これこそ小さな星という意味のスターレットへの最高の言葉だったと思います。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 22:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT