HITEQ JASMINEの偏った日常。

自動車プラモ趣味の無駄づかい。 このブログに接着剤はついていません。 割りとアレなブログです。 

≫ EDIT

劇場版SHIROBAKOを見て思ったこと。(感想とネタバレ気味!?)

※現在公開中の映画ネタを書いてますのでネタバレはしていないつもりですが
  ネタバレ等が気になる方がいらっしゃいましたらどうかスルーしていただきますと幸いです。

不思議なものでアニメは真実より心を動かす時がある。

昨年たまたま友人の集まりがキャンセルになった時に家に戻って何気なく流れていたアニメに見入ってしまった。
実は何年もじっくりアニメを見るなんて言うことは無かったのだが珍しくハマってしまい
関連書籍やBD予約にイベントやコラボメニューまで食べに行く始末。
その作品は私もあちこちで匂わせているのでお好きな方は気づいたかもしれない。
一時よりアニメを見る機会が増えた。私がハマったアニメが放映され始めた辺りで
同時期に東京MX系列で再放送されたのがアニメ制作を題材にしたSHIROBAKOである。
私的に白箱と言うとアオシマの白箱Sパッケージを思い出してしまうが
アニメの方の白箱はアニメ制作会社が完成して納品する際の映像のメディアが入った白い箱を指すようである。
カーモデル界隈の皆様には今回の記事は申し訳なく思うのだがどうかご勘弁いただきたい。

※パンフレットの下のキットは今回の記事に出てきません(笑)

劇場版 SHIROBAKO

SHIROBAKOという名前は知っていたものの、本放送当時は見た事はなかったし絵に見覚えがあるくらいだった。
この話は簡単に言うとアニメ業界に進んだ高校時代ののアニメーション同好会の五人組が
主人公のアニメ制作進行という仕事を通じて業界を描き、高校生時代に制作したアニメを再び作るのが夢と言う話である。
私が良く見ている画像掲示板に貼られていた主人公の宮森あおい(みゃーもり・おいちゃん)が
疲れ切った顔で運転している絵が印象的で、アルトの社用車が爆走する姿がどこか記憶に残っていたのである。
当初は「ああ・・・あのアルトが出てくるやつか。」くらいだったのでBGM代わりに見ていたのだが
とある瞬間にビビッと来ていつの間にか見入ってしまい世界観と面白さにすっかりハマってしまったのである。
当時は朝ドラの「なつぞら」を聞きながら通勤していたこともあり(私は思う所あり、車にTVキットを付けていない。)
アニメ業界の世界と言う物に関心が高まっていた時期とシンクロしていたということもあると思う。
そして主人公のみゃーもりの存在はどの仕事の世界でも通用するような理想の人間像でもあり
いつも前向きで表情の豊かさだけでなく、変な顔になったりお酒に逃げたりとどこか人間味がありカワイイのである。
語れないほどのグッと来るポイントがあるが、今まで見たアニメやマンガの女性キャラの中でも
ただ単に萌え的な要素だけでは語れないキャラクターでありそこにみゃーもりの魅力があると思う。
気づいたら次の放送を指折り数えて待つようになり、最終回まで完走していてその頃にはすっかり
「みゃーもりと仕事したい!」「おいちゃん先輩大好きっす!」みたいな
危ないおっさんになっていたがそれだけこのアニメはキャラクターが皆いい味を出しているのだ。

もちろんこのアニメの世界はファンタジーであると思うし、実際ははそんなに良い事ばかりじゃないと思う。
このあたりは本職の方から突っ込みがあるという話であるがそれははどんなジャンルでも有ることだろう。
しかし、理想とも言える世界での苦難や苦労にトラブルのエピソードにどこか感じ入るものがあったのも事実。
私は製造業でブルーカラー寄りだが主人公の仕事のアニメの制作進行のように立ち回ることも多いので
みゃーもりの仕事での立ち回り方は神懸っているし、製造業でも見習いたいところが多い。
このアニメは結局の所仕事は一人では出来ないという事を暗に表しているような気がするのだ。
舞台の武蔵野アニメーション(ムサニ)は業界内ではアレな感じできつい職場だがある意味ではとても良い職場に見える。
アニメが完成した時は社長が作った料理を食べながら皆で試写を見てワイワイしている。
昔は私の会社も大型の製品は出荷時に皆で見送りをしたそうであるがそういう雰囲気がムサニあるのだと感じる。。

≫ Read More

スポンサーサイト



| 日常 | 22:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時代にジャストなパーツを満載!ジャストチューニング!

う~ん・・・・・日々の閉塞感・・・・・悩ましいです。
世情も世情ですし仕事も岐路に立ってますし、やることばっかり多いですね。
まぁこのブログはそういうところから離れた立ち位置でやっているのであまり触れないでおきましょう(´・ω・`)

さて、いきなりですがちょっと前から一部で火が着いているフジミのジャストチューニングシリーズ。
「他人の褌でネタを書く麗心愚」としてはあえて今更触れてみたいと思います(笑)
今回ご紹介したいのはそんなジャストチューニングシリーズ№1のMZ21ソアラであります。

フジミ ジャストチューニング ソアラ

うう・・・懐かしい(´;ω;`)ブワッ
というのも出たばっかりの時に速攻組んだんですけどね・・・・・・当時1500円という値段は高く
小学生の時には結構きつかった思い出があるのですよね。(確か小学校の6年生くらいだったかな?)
時期的にはインチアップが1000円くらいで新規のキットが1200円位になった頃だと記憶しているので・・・
でも、カラーリムのBBSホイールや新規のカーナビゲーションやマフラーのパーツ類が魅力的でした。

≫ Read More

| 思ひ出のキット | 19:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3月2日で32(サンニー)の日だそうな。

どうも。3月産まれのHITEQおじさんです(´・ω・`)
免許を取る前までは「あんぎゃあああああああああ!!!!なんで3月!!」と思っていましたが今では親に感謝です(笑)
(要は同学年の中で免許を取れる日が来るまで一番遅いので・・・・)

今日は3月2日でサンニーの日だそうです・・・・
私の中ではやっぱり「Y32」なわけですが私が乗っていたのはE-PY32・・・フル型式なんだったっけな?と思って
昔の写真見始めたら目頭が熱くなってしまったのでプラモ画像でちょっとお茶を濁します・・・・

これは高校生くらいの時に作ったアオシマの無印VIPカーのY32セドリックです。現存せず。

アオシマ VIP

まだワイズとかのエアロ仕様が出る前ですね。
ウインカーは当時クリアで組んだもののシルバーボディにクリアだとアレだと思って塗り直した覚えがあります。
グリルの斜めエンブレムとヘッドライトにはクリアバルブを意識してバルブのモールドにクリアブルーを塗りました(笑)
20年くらい前に作ったものですね・・・・・そう考えると味がありますね。無いですかそうですか(´・ω・`)

こちらは前にちらっとご紹介した元愛車仕様を制作しようと思ってたときの画像ですね。

アオシマ Y32

昔の私と車を知ってる人ならクスッとしてくれるかも(笑)
これも10年以上前に制作していた物ですね。最終的にタッチアップペイントをエアータッチで吹いた覚えが(笑)
こちらは部屋でずっこけて思いっきり踏んづけて大破・・・でも捨てれずに現在に至ります(´・ω・`)
そういえばアオシマのY32って・・・・・おっと!長くなるのでこの辺で・・・・・
(実際は積棚の最奥部にあるので出せないのは内緒・・・・・)

う~ん・・・・
最後の最後に解体屋さんで愛車を写した写真が見つからない・・・・のは思い出すなという事でしょうか(笑)
でも世界中のどのクルマよりも一番好きでしたからねぇ・・・・・もうあれ以上気持ちを入れ込めるクルマは現れないかも。
じゃあなんで手放したんだ?と言われるかもですがそれは聞かないでやってください。

| 車プラモネタつぶやき | 22:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

箱・・・箱変わっとる・・・・(´;ω;`)

アオシマのモデルカーシリーズのMX41再生産かぁ・・・・
まぁ今までの在庫がいっぱいあるからなぁ(´・ω・`)・・・・なんて思ったら・・・・・

あ・・ああああああ・・・は・・は・・・・箱変わっとる・・・・・あああああああ!!!!

買わねば・・・・・(義務感)

アオシマ MX41 モデルカー マークⅡ チェイサー リニューアル

リニューアルで中身が二台分に増えるだけと思ってました・・・・(´;ω;`)ブワッ
よく考えたら同じ箱で中身が違ったら売る方も買う方も困っちゃいますもんね。

箱絵は今回はマークⅡがマジェスティマルーンメタリック風。
チェイサーがモナークグリーンメタリック風であるんですけども
逆にマークⅡがモナークグリーンメタリックだったら多分3個は確実に買っていたかもしれません(笑)
ちなみにマークⅡの赤系統はビンテージワインメタリックという赤系の色もあるんですけど
この色の時は内装が赤になるので箱は内装がベージュになのでマジェスティマルーンメタリックいう事かなと。
前期型だとやや茶に近い濃い色合いのマジェスティレッドという色になるのですが
この色が結構曲者で手入れが大変で専用ワックスが用品で用意されていたそうです。
ちなみに我が家にあったMX40の取説には後期でもマジェスティレッド用ワックスという
単語が出てきますので記述が直されていない可能性がありますね。

ちなみにチェイサーはモナークグリーンメタリックなんですけどHTは最終型にしか設定がないはずなので
こだわられる方はSGSの最終型のストライプにするか他グレードという事で組まれるといいかもしれないです。
ちなみにチェイサーの最終型は一部グレードで、テールレンズとナンバーの間が
ブラックアウトされるのでそれを再現したらマニアックで良いと思います♪

箱を開けたらアオシマのMX41欲張りセットが!!!すごい!!

アオシマ MX41 モデルカー マークⅡ チェイサー リニューアル

前回は内装用にグリルや内装のランナーがメッキが一枚・黒成形が一枚付いてきましたけど
今回は2枚ともメッキされているのが嬉しいですね。これで夢のメッキ内装が出来る・・・・(爆)
ちなみにおまけパーツフェチにはたまらないのはホイールが合計4セット付いてきます(笑)
(※純正アルミ×2・アドバンA3A×1・8スポーク×1 ※前回は8スポークはなしだったはず)

旧版は旧版で多分15年後くらいに欲しくなる人が多数出そうなので
まだ旧版がある内に二種類買っておくのもありだと思います(笑)

セダン出ないかな・・・・・・と、しぞぉか方面に毎日念を送っておきます・・・
余談ですが某社の元金曜日の中の人のTwitter開設が嬉しい・・・・・(´;ω;`)ブワッ

| 車プラモネタつぶやき | 23:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

型バリエ三種盛り。

どうも(´・ω・`)
おかげさまでPCの方も無事に復旧いたしました。こちらはまた機会があれば記事に出来ればと思ってます。
タミヤの再販スポーツカーシリーズの70スープラの記事はたくさんの方に見ていただけたようで何よりです♪
やはり時代を超えた名作・・・・・改めて感じました。お手つきのノーマルやミノルタは完成させたいのですけどねぇ・・・・
でも早くセリカXXも欲しい・・・・・と悪い癖出まくりですが如何でしょうか(笑)

てなわけで残り少ない2月の記事を水増しするボツネタつぶやきを・・・・・・・

フジミの30系エスティマのサイド部分三変化!
これぞ金型のコマ変えの魅力!このキットって結構力が入ってるんですよね。

フジミ 30エスティマ

上段 通常ボディ
中断 アエラス
下段 エアロ
(エクスクルーシブゼウス仕様だがファブレスも共通ボディ)

う~ん!奥が深い!
なんとなくですけどフジミの30エスティマって25年後くらいに
ニットーやニチモとかバンダイのワンボックス系キットっぽい扱いを受けてるような気がします。
本当になんとなくですけど・・・・・
※アオシマのノアとかルシーダ・エミーナも・・・・・

| 車プラモネタつぶやき | 23:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タミヤの70スープラ再販にあの頃の想いを見た。(更新済)

タミヤの名作スポーツカーシリーズの70系スープラが再販となった。
ある程度の年齢の方なら懐かしくもあるキットだと思う。もちろん私もその一人である。

スープラの名前が復活して話題になっていることはもう皆さんご存知のことだろう。
先日現行型をまじまじと見て思ったのだがなんだかんだで2000GTなどを始祖として
セリカXXの系譜のトヨタのスペシャリティGTカーの系譜であることを感じさせてくれる素晴らしい車だと思う。
私は世代的にはA80系が印象深いのであるが、憧れた存在と言うとやはりA70系である。
子供の頃徒歩圏内あったトヨタカローラ店のショールームの一番目立つところに展示されていた
スーパーホワイトⅡの前期型ナローの3.0GTの衝撃は今でも鮮明に覚えている。
特に印象的だったのは低いノーズとその鼻先につけられた赤いエンブレム。とにかくカッコよかった。
それこそ実車の思い出はあれこれあるがこのブログ的な話題になると
やはりプラモデルのスープラのことに触れておかなくてはいけないと思う。
当時作った記憶があるのはカバヤのDXビッグワンガム。フジミの前期ナロー・後期のワイドあたりがあるが
今回再販されたタミヤのスポーツカーシリーズの70スープラも印象的であった。そんな懐かしいキットに再会である。

もはやアートとも言えるタミヤのスポーツカーシリーズの箱絵。これに憧れや親しみを感じた方も多いと思う。

タミヤ 再販 スープラ 

実は前回の再販時、私は手にしなかったのである。それをずっと後悔していたのだが
なぜかと言うと当時何度か組んだ事と小学校6年生の時に同級生から組みかけ状態でもらったものが残っていたので
何かあったらそれを組めばいいと思っていた点と、どちらかと言うとフジミの前期のほうが好きだったという事もある。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 00:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

特にネタもなく・・・・・

世の中非常に混沌としておりますが・・・・・私も混沌としております・・・・・・

そんな混沌とした世の中に画像を貼って寝ます。

アオシマ センチュリー 銀成形

分かる人はニヤッとしてください・・・・・


| 車プラモネタつぶやき | 23:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こういう掘り出し物も良いものです。

マニアの悩みとして収集癖を刺激する出物に出会ってしまうというものがある。
実は最近考古学的趣味のため、マニアの方が放出したであろう「アツい」特定の年代のフジミのキットを収集した。
おそらく以前私が立て続けに入手したキットと同じ方が手放されたのだと思う。
タイムスリップしてきたようなコンディションのキットにその方の想いを感じ、これは大切にしなくてはと思ってしまった。
私のような中途半端なヲタク野郎が所有していて良いのだろうか?と言う想いもあるのは紛れもない事実だが・・・・
こちらも少し落ち着いたらネタにさせて頂く予定ではあるが、おそらくカーモデラーの皆様の中でも
2~3割の方にしかグッと来ないかも知れないし、そもそも興味がない方のほうが多いかも知れない。
厚手のシュリンクで保護されていたようで良好なコンディションを保っておりほぼ劣化していない中身や
黄ばんでいない説明書などどういう形態で保存しておけばこのような保管ができるのだろうか・・・・・と考えさせられる。
よほどの情熱がなければこういう保管は出来ない。これもまた愛の形である。
ここだけの話、積みモデラーや積み報告を嫌う方も居ると思う。
しかし古いキットが後世に残るのも、積まれているキットが有るからというのは事実だと思う。

今回ご紹介させていただきたいキットは上記のマニアの方の保管のコンディションとは
対極に近いコンディションのキットであったがまた違うベクトルで収集癖を刺激する「アツい」中古キットであった。
私の好きな「ちょっと前ホンダ」のCR-Xグラストップである。
(ちょっと前と書いたが大分前な様な気もするが・・・・・)
キットそのものは皆さんおなじみであると思うがフジミインチアップシリーズの物である。
(説明書の記述後期デビュー直前の1989年の8月なのだが限りなく初版に近いと思う)

フジミ CR-X グラストップ インチアップ

このキットの購入価格は今時コンビニ弁当も買えないくらいの値段であった・・・・・
私は基本的に高額キットではない場合は中身の確認はあまりしないのだが
(まぁ当たり外れ含めて楽しんでしまうので・・・・・・)
しかし、持ち帰ってきて理由はすぐに分かった。ボディは変形してパーツは黄ばんでおり
開けた瞬間鼻が痒くなるほどの箱や中もカビの匂いが凄かったのである。
これを新車や新築の家に持ち込んだら嫌がられる事であろう。
箱の埃も相当なものであったし、マニア所有というより不用品として持ち込まれたのだと思う。
ちなみに上記の画像は綺麗に見えるが画像に助けられており、箱をクリーニングした後なので
綺麗になっているがカビのこびりつきや箱自体の汚れで結構埃っぽかったのは内緒である・・・・・

≫ Read More

| ちょっと古いキット探偵団 | 19:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三度見したブツ。

フジミ マフラーチューン 日照調整フィルム

熱烈フジミスト向け画像です・・・・・・(意味深)

※オフラインで質問があったので追記。
マフラーはフジミさんから今も売られおりますがヤングタウンシリーズに付属していたマフラーをメッキにし別売り化した物です。
フジツボのレガリススーパーTi・STメイのショットガン(懐かしい)・アペックスN1デュアルです。
今も売られているGT-Wウイングセット&マフラーチューンセットのGTウイングがないバーション。
はっきり言って今売られている物の方がお得だと思います(笑)
あくまで一部のハードコアフジミマニアの方にしかグッと来ない出物でした・・・・・
(まぁ今回ご紹介したものは両方新品で売っていたのですけど)

日光調整フィルムはウインドウに貼るタイプのフィルムでミラータイプとスモークにブラウンスモークの三種類。
意外と貼りやすい素材だった記憶がありますがちょっと高くて当時はやっとこさ買った感じでしたね。
これが発売されていた90年代後半はミラーフィルムが結構多かったのでそういった意味ではいいアイテムでしたね。

要は珍しい物でも自慢したいわけでもないんですけど
「うわwwwクソ懐かしいwwww」くらいに思ってもらえれば幸いです(´・ω・`)

| 車プラモネタつぶやき | 23:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人頼りな新橋便り。頼りないのは元気な証拠。

今日もバタバタ・・・・明日もバタバタ・・・・・ゆっくりプラモでも愛でたいものですねえ(´・ω・`)

セリカXXとセリカスープラマーシャルカーの再販の話から興奮冷めやらないまま一夜明けて
仕事中に何度も思い出してニヤニヤしていると、超絶ハードコアダッシュ四駆郎マニアのPC弄りの師匠から
仕事帰りに新橋のタミヤプラモデルファクトリーに寄っているとの話があり・・・・・

タミヤ 新橋

タミヤのアンテナショップ(でいいのか?)ということもあり例のブツが展示されているか聞いてみたところ
ダッシュ四駆郎からダッシュボーイ天までの徳田ザウルス先生の作品のミニ四駆漫画の変遷の話や
ハトメを400個買うとかの話になり本題にたどり着けずビビリな私は丁重に話をそらして
さり気なく例のブツが展示されていないか聞いてみるとたっぷりと画像が送られてきましたので
「他人の褌で記事を書く麗心愚」としてはこれは記事にしないといけないと思いまして(笑)

タミヤプラモデルファクトリー 新橋 タミヤ セリカXX 再販 セリカスープラ マーシャルカー

あひゃああああああ!!!!!!この並び!!!(´;ω;`)

一瞬80年代中頃の模型店のショーウインドウを見てしまったかのような錯覚(笑)
ああ・・・・生で見たかった・・・・・・師匠はスープラやXXの事よりもパーツの販売コーナーで
ジオエンペラーのシールが売ってたことのほうが衝撃だったようですが・・・・・(笑)

他にも色々と画像を送ってくれました。
話題のロードスターRFは少し前に海外サイトでのリーク情報がネット上に出ていましたが
その時は実車の画像加工だったのでホンマに出るんか?という感じでした。
「ノーノーほんまじゃない、、本間千枝子どす。」と80年代こち亀ネタをぶち込んでみましたが
はたしてこのネタは何人が解るのでしょうか(笑)

タミヤ ロードスターRF

流石にギミックは無かったようですが屋根は開閉選択式なようですし純正BBSが装着されるとは・・・・・楽しみです。

ああ・・・マスタングカッコいい・・・・
コレは現行型のレース仕様ということなんでしょうかねぇ。ごめんなさい、よく知らんのですけどカッコいい♪
ちょっと作りたいネタが浮かんできてしまいました・・・・・・

タミヤ マスタング

でも・・・・・地味一番衝撃だったのはRCのマスタングコブラRが復活するっぽいことです(笑)

マスタング

これは90年代タミヤツーリングカーフェチにはたまらない一品。このボディ大好きだったんですよねぇ・・・・・
当初は星条旗カラーでTA-02で出てTL-01でSVTコブラRとして出たんだっけな?
おっと・・・・90年代タミヤRCネタは話が長くなりそうなので割愛(笑)

ああ・・・・・ネタに困りとうとう人が撮った画像で記事を書いてしまいました(笑)
さぁ仕事がんばろう。

| 車プラモネタつぶやき | 22:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT